こだわりが合わないと大変?自分たちに合う工務店の選びかたとは

こだわりを実現してくれるかが選ぶ基準

住宅を建築する場合には、工務店に依頼する人も多いでしょう。工務店の魅力は、地元密着型でパッケージなどはほとんどありませんのでゼロから設計をすることができる点です。こだわりがあればある程、ハウスメーカーよりも工務店の方がより理想を実現しやすいといえます。ただ、工務店といっても様々な個性があるところがありますのでよく比較をしておく必要があります。また、それぞれの工務店によって得意分野が異なります。和風住宅を得意としているところがある一方で、輸入住宅を得意としているところもあります。自分がこだわっている内容をしっかりと実現してくれる工務店を選びたいならば、工務店の方向性と自分が考えている方向性が一致しているかを確認しましょう。

提案力も問われるところ

工務店を選ぶ場合には、その提案力もとても重要になります。住宅を建築する場合、ほとんどの場合は初めてか2回目の建築になります。この場合、顧客側は圧倒的な知識不足の可能性があります。顧客の要望通りに建築するといっても、プロの視点からしたらあまり理想的でない住宅になってしまうと感じることも少なくありません。そこで、工務店側には提案力があった方がよいです。顧客のいうことを聞くことも重要ですが、プロの視点から「もっとこうした方がよい」ということを明確に伝えてくれる所ならば安心ができます。それは単に、工務店の言いなりになることではなく、あくまで工務店がプロの視点を持ちながら顧客の要望を1段高めてくれるような感じです。

設計事務所の主な業務は設計です(施工まで手がけているところもあります)。制約が少ないので、依頼主の要望に沿った自由な設計をおこなうことができます。

© Copyright Self Build Housing.All Rights Reserved.