工務店のデメリットとは

良い工務店かどうかわかりにくく、能力にバラつきがある

工務店は、実際に行ってレベルが分かるような住宅展示場がありません。また、工務店は地元で活動されることがほとんどで、評価の良し悪しがわかりません。口コミがあったとしても、数が少ないので良い工務店を探しにくく、探したとしても本当に良い工務店かどうかの真相はわかりません。丁寧な工事をしてくれる工務店をみつけるのは、大変難しいことでしょう。さらに工務店の能力は、その工務店によってバラバラです。仕事ができる工務店に当たれば良い仕事をしてもらえますが、そうでない工務店にあたれば良い仕事をしてもらえません。ひどい場合は、欠陥住宅を建てられる可能性もあります。また、屋根裏や床下、壁内などなかなか目につかない場所を適当に工事されるなんて可能性もあります。以上のことから、工務店の能力にはバラつきがでます。

設計やデザインはあまり期待できない、時間がそれなりにかかる

工務店の仕事は施工することです。ですので、おしゃれな設計やデザインは期待できません。おしゃれな設計やデザインを希望するなら、設計士にお願いしてください。なかには、設計士で工務店もしている方がいるので、両方している方にお願いすれば効率がよいでしょう。また、工務店は、少人数で仕事をしているので、完成まで時間がかかります。時間がかかってもいいと余裕のある方には向いているかもしれませんが、一日も早く完成させたいと考えるならば、工務店は不向きになるでしょう。自分が何を優先したいかを明確にすると、依頼するのが工務店かそうではないかがはっきりします。工務店は個人でされている場合、長期の保証は期待できません。なぜなら、倒産のリスクが高いためです。

© Copyright Self Build Housing.All Rights Reserved.